クレンジングオイルという洗顔料

クレンジングオイルには、オイルタイプのクレンジング剤もあります。毎日のメイクを洗い流すことをクレンジングといい、クレンジングに用いる洗顔料をクレンジング剤といいます。さまざまな種類がクレンジング剤にはあり、クリームタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプなどが一般的です。オイルクレンジングは油分が多いクレンジング剤で、油分を含んでいるメイク汚れとは馴染みやすく、高い洗浄力を持つことが特徴的です。油分に溶ける性質があるのが油分を含む汚れの特徴で、逆に水には溶けにくくなっています。クレンジングオイルの方が、ジェルのような水溶性の洗顔料よりは、汚れがよく落ちるといわれています。高い洗浄力を持つクレンジングオイルは、肌への負荷がかかりやすいといいます。乾燥しやすい肌や刺激に弱い肌に、洗浄力の強いクレンジングオイルを使うと、肌トラブルの原因になることも少なくありません。ニキビや吹き出物が出ている場合はとくにやめておいたほうが良いのが、刺激の強いクレンジングオイルを使うことです。つけ心地が滑らかなため、クレンジング時につい力を入れて肌をこすってしまいがちです。高い洗浄力を持つというのは、クレンジングオイルのメリットではないでしょうか。肌にクレンジングオイルでダメージを与えないように、気を付けて使うようにしたほうが良いでしょう。

クレンジングオイルの選び方

最近多くのメーカーで製造販売されているのがクレンジングオイルです。クレンジングオイルを選ぶ時は、どんな点に注目すべきでしょう。いちばん重要な点は、自分の肌に合っているかどうかです。どれほど大勢の人が支持する商品でも、自分の肌に合わないならば合わないクレンジングオイルは使うべきではありません。何を買うかの判断は、自分で実際に試してみてからが良いので、口コミ情報や商品評価を参考に試供品なども利用してみましょう。大事なのは実際にクレンジングをする前に、パッチテストをすることです。金銭的な部分も、クレンジングオイルの選択には重要な材料になります。単に金額をチェックするだけでなく、一回当たりの使用量にも着目してください。高い商品を買った場合と同じ程度の出費になってしまいかねいのが、金額は安いけれど短期間で使いきってしまうようなクレンジングオイルです。ポイント制度やセット販売も含めて検討することで、お得な買い方が見つかる場合もあります。強い洗浄力と肌への刺激が大きいことがクレンジングオイルというとイメージする人が多いかもしれません。最近では低刺激のクレンジングオイルや、界面活性剤の少ないしっかり乳化されているクレンジングオイルも、化粧品メーカーのノウハウが進んでいることもあり販売されているようです。