債務整理のポイント解説!

借金を背負ってしまって、それがどうしても返済できない場合は、弁護士や裁判所に相談して債務整理をしてもらうことになります。これを行うことによって背負っている借金を減らしたり、効果的な返済の方法を見つけたりできます。

 
これには種類がいくつかあり、ポイントとなるのは自分にどの方法があっているのかを見極めて整理を行うことです。方法によって必要になるお金や整理の方法が違ってきます。また個人に向いている方法と、法人向けの方法でも差があります。

紅葉
最も簡単なのが任意整理で、これはお金の貸手と直接相談して借金を減らしてもらう方法です。しかし高い交渉力が必要となるため、多くの人は弁護士を通して交渉を行ったり、裁判所を通した特定調停を行ったりして債務を整理します。また過払い金の返還請求も、これらと同じ方法で行います。

 
法人向けのものでは民事再生があります。これは住宅などの不動産を手放さなくていい代わりに、原則3年以内に借金を返還することを約束するもので、定期的な収入が見込める場合のみ可能です。法人向けですが、個人でも申請は出来ます。

 
これらを適用できない場合は、自己破産という方法を取ります。いずれにしてもそのときの状況によって行うべき方法が違うので、弁護士などに相談して決めるのが最適です。

TOPへ戻る